禁煙と胃と耳鳴りについて

禁煙表示

禁煙と胃と耳鳴りについて、ストレスなどが限界を超えると、人の体はいろいろな拒否反応を、環境に対して示すようになります。
例えば、酷い胃の痛みやむかむかした感じ、また、耳鳴りなどがしていたりと、このようなことが、日常的に体に起こるようになってきます。
これは、上記のように異常なまでのストレスが、体の限界を超えると、人の体はこの環境に耐え切れない!として、体自身が、本人への警告として、このような胃痛や耳鳴りを引き起こし、体や精神が限界である、という報告をしています。
そのため、このような体の訴えに耳を貸さずに、そのまま辛い現状に合わせて、無理やりでも体を動かそうと、禁煙なども行わずに、喫煙で気分転換をする、喫煙でリラックスなどをしてしまう、このような方もおられますが、たばこを吸うことで、かえって肺がんなどのリスクを高めてしまい、体にはよくありません。

無理して禁煙を行うことは、余計にストレスをためてしまうものであるため、無理な禁煙は禁物ですが、このように、体が胃痛などや耳鳴り、吐き気などが出ている場合には、まずは、体の調子を整えることが大切であるため、今、自分が置かれている環境を見直す必要があります。
例えば、可能であれば、転職などを行うことや、異動願いなどを出して、様子を見るなど、上記のような耳鳴りや胃痛などがしている、体に反応がある場合には、体がこれ以上は限界である、という警告になっているため、これ以上無理をすると、精神が侵されてしまうということも、かなりの高確率で起こります。
そのため、上記のような症状が出た場合には、迅速に対応をすることが必要であり、胃痛や耳鳴りがしたら、出来るだけリラックスできるように環境作りをすることが大切となります。

サイト内検索
人気記事一覧